ブログ

危険!そのPDCAでは結果が出ない理由

はじめまして。
美容室専門の顧問として
会議のファシリテーションおよび
集客の講習を行なっている
サロン集客ヘルパーの阿部と申します。
詳しいプロフィールはこちら

最初に結論を申し上げますと、

Check(評価)&Action(改善)が
何よりも重要

PDCAとは

Wikipediaを見てみると、
PDCAサイクル(PDCA cycle、plan-do-check-action cycle)は、生産技術における品質管理などの継続的改善手法。Plan(計画)→ Do(実行)→ Check(評価)→ Action(改善)の 4段階を繰り返すことによって、業務を継続的に改善する。

私が実際に行なっているPDCAはこちらをご覧ください。

顧問先の美容室様にご提案し、
実践して頂いているPDCAをご紹介します。

Plan(計画)

年間、3ヶ月、1ヶ月の計画を作成して頂いております。

年間計画(アシスタントさん用の記入例です)

アシスタントさんの場合は、
モデルを集客するための年間計画
主に、ミニモ、インスタグラム、紹介の
3つの行動計画を立てて頂いております。

スタイリストさんの場合は、
新規集客
リピート施策
客単価
の3つ行動計画を立てて頂いてます。
昨今、SNSが台頭したことで、
個人集客もフォーカスされてきています。
そのため、個人目標を年間で立ててもらっているのです。

店長さんの場合は、
スタッフ一人一人が立てた目標を総括してもらい、
新規集客、リピート施策、客単価の施策を設定してもらいます。

店長さんの場合は、個人というよりは、
お店単位で目標を達成するために、
どうしたらよいか?を計画に落とし込んでもらいます。

3ヶ月の計画書

年間計画では、各月の行動は大まかに設定しますので、
3ヶ月の計画では、行動施策をより具体的に書いて頂いております。

1ヶ月の行動計画&報告書

私が顧問に入らせていただく場合、
必ず、顧問先様にこちらの行動計画&報告書の記入をして頂いております。

年間、3ヶ月の計画と違う点は、
さらに具体的に落としこんでいる点。
そして、振り返りができるように、
総括の記入をお願いしています。

この売上計画&報告書が、毎月蓄積されていくことで、
お店の成功事例、失敗事例が増えていき、
お店の財産となっていくのです。

Do(実行)

年間、3ヶ月、1ヶ月の行動計画を立てたら、
実行します。

Check(評価)&Action(改善)

Check(評価)&Action(改善)が
とても重要です。

私が顧問先様で行なっているのは、
10日、20日にLINEで現状報告をしてもらっています。

LINEで報告してもらっている事項

●最新LINE報告フォーマット

●今月の目標
月間売上:¥
月間客数:  人
客単価:¥
総リピート率: %

●今月の目標
新規月間売上:¥
新規月間客数:  人
新規客単価:¥
新規リピート率: %

既存月間売上:¥
既存月間客数:  人
既存客単価:¥
既存リピート率: %

●今月の実績

月間売上:¥
月間客数:  人
客単価:¥
総リピート率: %

新規月間売上:¥
新規月間客数:  人
新規客単価:¥
新規リピート率: %

既存月間売上:¥
既存月間客数:  人
既存客単価:¥
既存リピート率: %

●今月のペース

月間売上:¥
月間客数:  人
客単価:¥
総リピート率: %

新規月間売上:¥
新規月間客数:  人
新規客単価:¥

既存月間売上:¥
既存月間客数:  人
既存客単価:¥

ペース記入の公式
10日の場合
実績÷10×その月の日数

20日の場合
実績÷20×その月の日数

30日の場合
実績÷30×その月の日数

●行動したことを書いてください。



●Keep:よかった、嬉しかった、続けたい ことはなんですか?



●強化策をお伝えください。



●Problem課題、解決したい、気を付けることはなんですか?



●改善策をお伝えください。



特に重要なのは、
数字の報告の下に書いてある
行動した結果どうだったのか?ということ。

これらの項目を定期的に振り返り、
キチンと数値化して具体的に報告している
サロン様は、確実に伸びています。

報告は、ただ報告したらいいというものでは
ありません。ポイントは、数値化できるものは数値化して、
具体的に報告をすること。

この報告を拝見して、
気になったことをフィードバックさせて頂いております。

また、さらに重要なことは、
今のままの売上のペースで行った場合、
目標に未達だとしたら、そのままにしては、
未達が見えています。

そこで、10日、20日の時点で、
目標を達成するために、
どんな行動をするのか?を
定例報告とは別に考えて報告してもらっています。

このような報告の仕組みをして、
よいことは、店長の数字に対する意識の向上および、
店長がスタッフを巻き込もうと行動することにより、
チーム力の向上にも繋がるという点です。

顧問をさせて頂いているから、
現場力が上がる場面を一緒に共有できているのだと思います。

まとめ

文頭に申し上げましたが、
PDCAで重要なこと
特にCheck(評価)&Action(改善)が重要

よく計画倒れになってしまうと悩みをお聞きします。
その理由は、Check(評価)&Action(改善)の仕組み化
およびフィードバックができていないからだと思います。

本日、ご紹介しました
PDCAの仕組みを、
是非!貴店に取り入れてみてください。

PDCAを一緒にやってほしいという
サロンオーナー様
お気軽にご相談ください。

無料Ebook 美容室専門「会議改善マニュアル」 配付中

ダメ会議を脱出するためには、
何から始めればいいのでしょうか?

簡単3ステップで、誰でも今すぐ
始めることができる内容になっています。

◻︎会議の準備をしてこない
◻︎会議が報告だけになっている
◻︎スタッフが積極的に発言しない
◻︎会議で決まったことを行動しない

1つでも当てはまると感じた
美容室オーナー様、
是非ダウンロードしてください。

今すぐメルマガをご登録ください。

限定5社!顧問契約受付中

私が、顧問先様で行なっていることは、
大きく分けると3つです。

  • 店舗会議に参画
  • 事業部会議に参画
  • スタイリスト向け・アシスタント向けに講習
  • を行なっています。

    現在、10社の顧問先様がございますが、
    今年は、残り5社限定で受け付けております。

    顧問契約にご興味がありましたら、
    お気軽にご連絡ください。

    顧問の内容・費用はこちら

    The following two tabs change content below.
    サロン集客ヘルパー阿部弘康
    美容室専売化粧品メーカーを4年勤務後転職。サロン専門の広告ツール制作会社に8年勤務。2017年9月に独立。現在は、美容室様10社の顧問をしています。顧問としての役割は、会議のファシリテーション。スタイリスト・アシスタント様に向けて、動員を増やすための集客講習を全国で行なっています。私のモットーは、”会議”が変われば、”売上”が上がる!です。

    無料Ebook!「HPBマニュアル」



    ホットペッパービューティーからの
    集客を伸ばしたいと考えていませんか?

    誰でも今すぐ始めることができ、
    チェックシートもついているので
    どの点が不足しているか一目瞭然!

    ◻︎ホットペッパーの集客を増やしたい
    ◻︎ホットペッパーの口コミを増やしたい
    ◻︎ホットペッパーのブログの書き方が知りたい
    ◻︎ホットペッパーで当たるクーポンが知りたい

    1つでも当てはまると感じた
    美容室オーナー様、
    是非ダウンロードしてください。

    友だち追加

    無料Ebook 「会議改善マニュアル」 配付中



    ダメ会議を脱出するためには、
    何から始めればいいのでしょうか?

    簡単3ステップで、誰でも今すぐ
    始めることができる内容になっています。

    ◻︎会議の準備をしてこない
    ◻︎会議が報告だけになっている
    ◻︎スタッフが積極的に発言しない
    ◻︎会議で決まったことを行動しない

    1つでも当てはまると感じた
    美容室オーナー様、
    是非ダウンロードしてください。

    今すぐメルマガをご登録ください。

    最近の記事

    PAGE TOP